岐阜市の人気の接骨院!白木式整体で体改善!

あなたの腰痛!椎間板ヘルニアかも?

20~30歳代の働き盛り多い

「椎間板ヘルニア」は腰の骨の間にある軟骨「椎間板」に椎間板ヘルニア

強い圧迫が加わって椎間板の一部がはみ出し、神経を圧迫することで

腰痛などの症状が現れます。

患者さんの半分近くは20~30歳代では働き盛りに多いのが特徴です。

前かがみの姿勢で作業する人、重い荷物をもつ人、長時間座ったまま仕事をする人に多い傾向があります。

男性のほうがおおっく発症しますが、

男性のほうが腰に負担のかかる作業をする機会が多いためだとも考えられております。

症状は?

症状としては、神経が圧迫されるために起こる腰痛と坐骨神経痛(腰からおしりを通って足のほうに生じる痛み)椎間板ヘルニア2

が現れます。

腰痛や坐骨神経痛の強さは、姿勢によって変化します。

前かがみの姿勢によって変化します。

前かがみになると、椎間板への圧迫が強くなりよけいに神経を圧迫します。

 

まずは姿勢を意識してみましょう!

正しい姿勢

 

立つ

立った姿勢は、すべての動作の基本になります。椎間板ヘルニア たち方

顎を少し引き、背筋を伸ばし

下腹部は少し力を入れひっこめます。

膝を伸ばして、足は肩幅より少し狭く開きます。

 

 

座る

腰と膝の高さが同じになるように深く座り椎間板ヘルニア 座り方

背もたれに背中をくっつけます。

膝の角度は直角にして、足の裏は床にぴったりとくっつけます。

良い姿勢で座れる椅子を選ぶのも大切です。

星座よりも椅子のほうがいいです。

 

 

物を持ち上げる

物を持ち運びするときは、体重以外の重みが椎間板ヘルニア 物を持つ

体にかかってしまい、腰に負担がかかります。

膝を曲げ腰を落として、体に近づけて持ち上げます。

足の力で物を持ち上げるというイメージです。

 

 

物を運ぶ

体に近づけて持って運びます。椎間板ヘルニア 運び方

背中にカバンなどを背負う場合は

背中に密着させるようにします。

 

 

 

 

http://honepro.com/koshi/

お問い合わせはこちら!

ひまわり接骨院。058-234-3323。ホームページを見た!と言ってご連絡ください!

24時間LINEで予約可能!

ひまわり接骨院略図

ひまわり接骨院の院内をご覧いただけます!

TOPへ戻る