岐阜市の人気の接骨院!白木式整体で体改善!

32歳 男性 歩くことも困難なぎっくり腰 

主訴

ぎっくり腰による腰の激痛

年齢、性別等

32歳 男性 電気工事士

発症機転

冬の寒い外の現場で腰袋をつけようと体をひねった時に腰に激痛。痛みで歩行困難。

 

仕事ができる状態でないので、そのまま現場から来院。

症状

ぎっくり腰による腰の疼痛

歩行困難

腰をまっすぐに伸ばせない

検査

腰 前後屈(+) 側屈(+) 回旋(+) 骨盤のゆがみ(+) 足の長さの違い(+) 座位にて疼痛(+)

初回 施術

 

干渉波電療、ぎっくり腰専用白木式整体(特に大腰筋、仙腸関節を中心に)

施術後

腰の激痛は少しおさまり歩行可能。

腰の疼痛 軽減

日常生活動作の指導

2回目 施術(2日後)

初回ほどの激痛はなくなっているが、腰の疼痛(+)

干渉波電療、ぎっくり腰専用白木式整体(特に大腰筋、仙腸関節を中心に)

施術後

腰の疼痛かなり軽減

若干腰に痛み有

3回目 施術(4日後)

腰の疼痛かなり軽減、右の骨盤が1cmほど上方変位

干渉波電療、蒸気温熱療法、骨盤ゆがみ調整専用白木式整体

4~6回目 施術(週1~2回)

疼痛は少しあるが仕事に影響はほとんどない状態。

干渉波電療、蒸気温熱療法、骨盤ゆがみ調整専用白木式整体

今後の施術方針

骨盤がいい状態に安定してきたので1カ月に1,2回ほど体のケアすることを指導

日常生活の注意、腹筋の体操指導

日常生活で骨盤のゆがみを作ることが多いため最低でも月に1度の骨盤矯正(体のケア)をするといい骨盤の状態を維持することができ、ぎっくり腰を再発しにくい体になります。

ぎっくり腰の詳しいことは↓をクリック

ぎっくり腰

 

 

 

 

お問い合わせはこちら!

ひまわり接骨院。058-234-3323。ホームページを見た!と言ってご連絡ください!

24時間LINEで予約可能!

ひまわり接骨院略図

ひまわり接骨院の院内をご覧いただけます!

TOPへ戻る