岐阜市の人気の接骨院!白木式整体で体改善!

岐阜市ひまわり接骨院のスタッフブログ

産婦人科での不妊治療って何をするの?その3「体外受精」IVF・ICSI

投稿日|2018.11.18

体外受精はタイミング療法、人工授精を行ってもいい結果が得られなかったときに次のステップとして行います。

体外受精(IVF)と顕微体外受精(ICSI)の方法があります。

体外受精(IVF)とは

手術によりあらかじめ卵子をいくつか取り出してシャーレの上に置き、濃度などを調整した精子を振りかけ受精させます。

その受精卵が細胞分裂を順調に繰り返していったときに子宮内に移植します。

顕微体外受精(ICSI)

顕微鏡で確認しながら卵子に針を刺し精子を注入して受精させる方法です。

正式には卵細胞質内精子注入法(ICSI)と呼びます。

自然周期採卵 排卵日の1番大きくなってから採卵が良いと思われますが、一般的にやる採卵は薬を使って強制的に大量の卵を作って10〜20個、一気にたくさん採取します。体外受精の際に大量に薬を投与するので卵巣に負荷がかかり、薬に対して過敏な人は卵巣が腫れるなどOHSS(卵巣過敏刺激症候群)になってしまうこともあります。痛み、重い感じなどの症状があります。

また排卵誘発剤というホルモン剤を使います。この薬の副作用によってよって妊娠しにくい体の状態を作りやすくなる場合もあるため卵子を冷凍保存して体の回復を待ってから体外受精する場合まあります。

 

ひまわり整体院の考え

もちろんこのように体外受精をして妊娠をする。とてもいいことだと思います。排卵日を特定して、それに合わせて人工体外授精。妊娠の確立も上がります。また、排卵を誘発するための薬を使うことも大切です。

体外受精をする、精子の量が少ない、元気がない。など男性、女性の体が妊娠してもいいような健康な体なのでしょうか?

もしかして、妊娠してもいいような体にはなっていないため、体が無意識の中で妊娠をさせないようにしていることも考えられます。そのような状態で妊娠をしても流れてしまったり、元気なな赤ちゃんを産むことができるのでしょうか?

ひまわり整体院のの子宝整体は、あなたが元気で健康的な赤ちゃんを産むための体質改善プログラムを用意しております産婦人科と併用しながら子宝整体を受けてもいいのではないでしょうか?お気軽にお問合せしてくださいね。

ひまわり整体院 子宝整体のホームページは←クリック

産婦人科での不妊治療って何をするの?その2「人工授精」(AIH)

投稿日|2018.11.18

人工授精(AIH)とは?

卵子と精子が出会う確率を高めるための治療法です。

何か手術をするのか?とか大事に考えがちなのですが、男性の精子をとって人工的に子宮内に送りおどけることします。実際にどのようなことをするのかといますと、あらかじめ洗浄してとっておいた精子を細い管を通して子宮の奥深くに注入します。基本的に自然妊娠です。

精子の洗浄は不純物を取り除いたり、強い精子を選別するために行います。
ただ、洗浄の際に精子を傷つけたりするため3日〜5日生きないかもしれないデメリットもあるためタイミングを合わせるのが難しいです。そのため妊娠率は10%、自然妊娠よりも確立が低い結果となります。

どのような人が人工授精の対象になるの?

  • タイミング療法で妊娠に至らなかった人
  • 精子の数が少ない、元気がない
  • フーナーテストの結果、精子が子宮までたどり着く量が少ない。
  • EDなど性交が不可能な場合

人工授精の費用は?

産婦人科にもよりますが、1回5万円前後といわれております。

ひまわり整体院の考え

もちろんこのように人工授精をして妊娠をする。とてもいいことだと思います。排卵日を特定して、それに合わせて人工授精。妊娠の確立も上がります。また、排卵を誘発するための薬を使うことも大切です。

フーナーテストに引っかかる、精子の量が少ない、元気がない。など男性、女性の体が妊娠してもいいような健康な体なのでしょうか?

もしかして、妊娠してもいいような体にはなっていないため、体が無意識の中で妊娠をさせないようにしていることも考えられます。そのような状態で妊娠をしても流れてしまったり、元気なな赤ちゃんを産むことができるのでしょうか?

ひまわり整体院のの子宝整体は、あなたが元気で健康的な赤ちゃんを産むための体質改善プログラムを用意しております産婦人科と併用しながら子宝整体を受けてもいいのではないでしょうか?お気軽にお問合せしてくださいね。

ひまわり整体院 子宝整体のホームページは←クリック

産婦人科での不妊治療って何をするの?その1「タイミング療法」

投稿日|2018.11.16

産婦人科での不妊治療はどんなことをするのでしょうか?

もしかしてあなたは、すでにタイミング療法などを行っているかもしれません。今後どのようなステップで不妊治療が進んでいくの不安ではないでしょうか?

今回は不妊治療はどんなことをするのか?どんな段階で不妊治療の方法が変わっていくのかを説明していきます。

タイミング療法

まず不妊治療を始めるとき、一番最初に行うのがタイミング療法です。

タイミング療法でもまず最初に行うのが、排卵日を予測してそれに合わせて夫婦生活(性行為)を行うことになります。

排卵日の予測は基礎体温を測り体温の変化によってある程度予測ができます。

詳しくは「なかなか人には聞けない。排卵のしくみ 妊娠の基礎知識」←クリック

ただ基礎体温を測ってある程度の排卵日は予測できますが、人によって体温が下がった日に排卵をする人もいれば、1日たってから排卵する人もおられます。しっかりと排卵日を知って性行為をすると確率が高まります。

では産婦人科ではどんなことをするのでしょうか?

  1. まず超音波検査を何度かしてして卵胞(卵子の元)が18mmになるのを確認して、排卵日を特定します。
  2. 夫婦生活の約1週間後、着床しているのかを検査します。(黄体ホルモンの分泌確認)

ただ、実際にはタイミングだけではなく薬クロミッドなどの排卵誘発剤を併用、ホルモン療法を使う事がほとんどです。

不妊の検査で排卵障害や黄体機能不全が見つかった場合、排卵誘発剤などの薬を使用しながらタイミング療法を行います。

ひまわり整体院の考え

もちろんこのようにタイミング療法はとてもいいことだと思います。排卵日を特定して、それに合わせて夫婦生活。妊娠の確立も上がります。また、排卵を誘発するための薬を使うことも大切です。

ダダ、排卵がうまくいかないから排卵促進剤を使う、本当にいいのでしょうか?なぜ排卵がうまくいかないのでしょうか?もしかしてあなたの体はまだ元気な赤ちゃんを産める体になってはいないのではないでしょうか?

ひまわり整体院のの子宝整体は、あなたが元気で健康的な赤ちゃんを産むための体質改善プログラムを用意しております産婦人科と併用しながら子宝整体を受けてもいいのではないでしょうか?お気軽にお問合せしてくださいね。

ひまわり整体院 子宝整体のホームページは←クリック

 

 

不妊症の方必見!生涯卵子の数

投稿日|2018.10.13

実は卵子(原子卵胞)はあなたがお母さんのお腹の中ですくすく育っているころからあります。

ではどれくらいあるのでしょうか?

お腹の中にいる胎児 700万個

   ↓

出産するころには 200万個

   ↓

思春期には 50万個 まで減ってきます。

それ以降、生理の周期ごとに1000個ずつ減っていき、その1000個の中から15~20個が育ちそのうちの1個が卵巣から子宮へと排卵されます。

原子卵胞が卵子に成長して排卵されるまでは大体6か月かかると言われております。その細胞が栄養は血液を返して補給されます。良い卵子を作る⇒体質を変えたい場合血液がよい状態になるには4カ月ほどかかります。ということはいい卵子を排卵させるためには合計10カ月かかります。ということは現在あなたの体で排卵された卵子は10か月前に食べた食事などから補給して作り上げた卵子ということになります。

元気で健康的な赤ちゃんを出産するには妊娠したいと思ってから10カ月前から食事、ストレス解消、運動、禁酒などを心掛けた方がいいでしょう。

 

排卵される仕組み

脳からSFH卵胞刺激ホルモンが出てきます。(卵子を育てなさいと刺激するホルモン)

エストロゲンが分泌 (排卵の準備をしなさいと命令するホルモン)

 排卵の準備をするということはどうゆうことか?

 ・子宮内膜を分厚くし着床しやすくする

 ・おりものを増やすことにより精子が泳ぎやすくする。(卵子までたどりやすくする)

LH黄体ホルモン(排卵しなさいと刺激するホルモン)

プロゲステロン(黄体ホルモン)妊娠を維持しなさいというホルモン。子宮内膜を分厚くしたり体温を上昇させる。

このように排卵されます。

精子は1日に5000~1億作られる。

1回の射精で1~4億出る。

ということは5日間たつと古いのがたまり始める。

妊活中の方必見!便秘と不妊の関係!

投稿日|2018.9.16

妊活・子宝整体をやっていますと案外便秘の人って多いんですよね。
(ひまわり接骨院では便秘を解消する整体もやってます。)

あなたは意外だと思われたんではないでしょうか?

なぜ便秘だと妊娠しにくいのか?を解説していきたいと思います。

便秘を改善していくには排泄機能を改善していく必要があります。

排泄とは体内毒素の排泄をするということです。(体の中の不要なものを出す。)

ちなみに体内毒素の70%が「便」で出ると言われてます。

便秘の方というのは便が体にたまっているという状態ですので、70%が便ということはいらないものが常にたまってる状態です。

そうなると体はどうなるか?

毒素を排泄できない栄養を吸収しにくくなります。

いらないものが出ていかないと新しいものが入ってこない

ということは、便秘が解消されてこないとなかなか栄養が吸収しにくいということです。

体にいいというものを食べてても、なかなか体がよくならない。もしくはサプリをしっかり飲んでいるのになかなか効果を感じないという人は毒素の排泄というのがうまくいっていない可能性があります。

 

体は60兆個の細胞からできています。

「卵子」「精子」も同じ細胞からできています。

ということは、上記にありますように、排泄(便秘)がうまくできないと吸収(栄養)がうまくできないということです。

なので「卵子」「精子」にも栄養がいきわたらなくなるので「卵子」「精子」の質が下がってくるわけです。

 

ではあなたに質問します。

便秘の方はどこに問題がありそうですか?

そうですね。「腸」です。

「腸」の機能が悪くなっているのが便秘の状態といえます。

 

ちなみに「腸」の働きを言いますと

消化」「吸収」「排泄」「免疫

このなかの「免疫」は体の機能の70%が腸で行われています。

腸の機能が低下すると

    ↓

健康状態も低下します。

でなにをするといいのか?

① 腸への負担を減らす。消化、吸収しやすい環境を作る。

      ↓

消化液 胆のう⇒胆汁 膵臓⇒膵液

② 腸から吸収されたものは⇒肝臓⇒心臓⇒全身

便が腸にたまっていると毒素が腸から吸収されてしまい、その毒素が全身に巡ってしまう。

内臓に負担がかかり内臓が重くなってき、下垂してきます。

そうするとその内臓が子宮を圧迫して子宮に負担がかかり機能の低下が起こってきます。

ですので、妊活中の方は便秘を解消することも妊娠への第一歩となります。

もしもあなたが薬で便秘を治したくない。便秘にならない体作りをしたいと思っているのでしたら便秘専用整体をクリック  

妊活を子宝整体で解消 妊活整体専門「ひまわり整体院」←クリック

なかなか人に聞けない。排卵のしくみ 妊娠の基礎知識

投稿日|2018.9.7

なかなか人に聞けない。排卵のしくみ 妊娠の基礎知識

不妊で悩んでいる方は排卵日の基礎知識を勉強することは必須です。

今回は排卵日や月経などの基礎的なことをお話ししていきます。

妊娠するためには排卵日前後に夫婦生活(性行為)を行わないといけません。

ではどのように排卵日を特定すればいいのでしょうか?

基礎体温をチェックしよう

基礎体温を毎日チェックしますといつ排卵日が来るのかを推測することができます。

基礎体温のはかり方

基礎体温は安静時に近い状態で測ることが大切です。

起床時に寝たまま体を浮かす前に舌の下(中央にある筋の下)に挟んで測ります。(脇の下は外気の影響や汗などで温度が変わりやすいので誤差の少ない舌の下で測ります。)

  • 朝目覚めた直後
  • 横になったまま
  • 起床時間がずれても起きた時にはかる
  • 楽な気持ちで行う

トイレとかに行ってもいいがなるべく身体を動かさないうちにはかりましょう。

体温計の選び方

基礎体温を測るためには0.3~0.5度の微妙な差を把握しなければいけませんので、小数点以下2位まで計測できる婦人体温計を使いましょう。(1000円~3000円ほどで購入できます。)

女性の体は男性とは違い、ホルモンの関係で体温が上下し、低温期と高温期の2層に分かれております。

低温期→月経がはじまり排卵が行われる時期

高温期→排卵後、黄体ホルモンが分泌される時期(妊娠に備える時期)

排卵後、妊娠していませんと14日ほどで月経がはじまります。

低温期の終わりころに体温が下がることがあります。その時期から5日間が一番妊娠しやすい時期になりますが、排卵日は人それぞれ少しずれることも多くあります。高温期に入った時に排卵される人もおりますし、体温が一瞬下がった時に排卵する方もおります。なので体温が下がった時から夫婦生活を頑張ってもいいと思います。

基礎体温以外でも排卵日を知ることができます。

  • 下り物でも排卵日がわかります。(子宮頚管粘液)卵子が成熟してきますと子宮頚管で分泌される粘液が多くなる為、よって下り物が多い時期は妊娠しやすい時期になります。
  • 排卵検査薬等

なぜ、生理が乱れたり、生理痛がひどかったり、基礎体温が乱れたりするのか?

なぜ生理や基礎体温が乱れたり、生理痛がひどくなったりするのでしょうか?

もしかしてあなたの体はまだ妊娠してもいい状態になっていないのではないでしょうか。

 

知っているようで知らない!妊娠までのプロセス

投稿日|2018.9.4

妊娠をするまでには様々プロセスがあります。

不妊を解決するにあたって、あなたはどのポイントでトラブルがあるのかなどを把握することができますと、今後どのようなことをするといいのか、どのようなことに意識をするといいのかなど向かう方向が明らかになってきます。

今回はその妊娠へのプロセスを紹介したいと思います。

 

妊娠には5つのプロセスがあります。

出会い → 受精 → 分割 → 着床 → 成長

① 出会い

夫婦生活により精子がCの卵管を通りBまでたどり着き卵子を待ちます。子宮の卵胞Aで卵子が成熟しBに移動し精子と出会います。

トラブル 
  • 下り物が少なかったりなど膣内が酸性の場合、精子が死ぬことが多くBまでたどり着けない、またはたどり着く数が少ない。
  • Cの卵管が細いまたはふさがって精子が通ることが困難。
  • A排卵がうまくできない。
  • 精子の勢いがない、数が少なくBまでたどり着けない
  • 夫婦生活(性行為)が少なく、体の中に精子が入ると、母体が精子を異物だと判断して精子を排除してしまう。

② 受精

卵子と精子が出会った後、卵子の中に精子が入っていきます。

トラブル
  • 卵子の幕が固く精子が入ることができない
  • 精子の勢いがない(元気がない)
  • ミネラル不足

③ 分割

受精卵が細胞分裂しながら卵管を通り(もどり)子宮内膜の方に移動する。

トラブル
  • うまく分割しない(エネルギーが不足している)
  • DNAの異常

④ 着床

分割し始めている受精卵が子宮内膜にくっつき着床します。

トラブル
  • 子宮内膜が薄い。分厚くふかふかになっていないために着床せず流れてしまう。
  • DNAの異常

⑤ 成長

子宮内膜に着床した受精卵がさらに分割していきながら胎児へとなっていきます。

トラブル
  • 子宮内膜が薄い、リンパ液、血液の流れがあまりよくなく受精卵に栄養があまり行かず成長しなくなります。

 

なぜ各プロセスでトラブルが起きてしまうのか?

上記で説明しました通り妊娠は5つのプロセスがあります。

この5つの中で1つでも問題がありますと妊娠、出産は難しくなってきます。

問題があるまま、タイミング療法、体外受精、人工授精などをやってもなかなか妊娠、出産まで行く人は少ないのが現状です。

産婦人科の不妊のやりかたが悪いと言っているわけではありません。産婦人科のやりかたで妊娠される方も多いですが、なかなか妊娠、出産までいかない人も多いのが現状です。

では何をすればいいのでしょうか?

どうしてこのような問題トラブルが起きたのでしょうか?

日常生活でストレスが多い、添加物の多い食事、運動不足などにより内臓の下垂による子宮の圧迫、子宮の冷えなどから体が妊娠できる体になっていない場合によることが多いです。それを専門的に解消する整体をひまわり整体院では行っております。

詳しくはひまわり整体院のページ ← クリック

丁寧に対応して下さったので 安心して通う事ができそうです。

投稿日|2018.7.19

患者

岐阜市|30代|女性

平成30年6月来院

症状

5月上旬から首すじがこり、下旬には肩もこりはじめる。

6月中旬から首こりがひどくなり、寝る時の体勢がとりずらい。

最近では肩甲骨のあたりが痺れる感じがする。

施術

姿勢の検査をすると、肩が前の方にいき猫背になっています。

子供を抱っこしたり、家事をしたり

スマホをよく見たりすることが原因と考えられます。

猫背の状態ですと、首~肩~背中の筋肉が引っ張られ、

負担がかかりますので、姿勢矯正の整体を施術していきました。

施術後は、肩甲骨あたりの痺れがなくなり、

姿勢が良くなることで肩の筋肉も緩んできました。

5回の施術で痛みや違和感がとれていきました。

その後は骨盤の歪みを取る整体を行っていき、

良い状態が維持できるように施術を継続中です。

患者さんの声

2ヶ月前から首肩がこり始め、

本日来院する頃には背中、             

腰までジワジワとした痛みが出てきて、      

落ち込む毎日でした。

こちらに来院し、まず私の症状について

詳しく問診して下さいました。

この痛み、こりは何だろうと

不安を持っていたので、

説明を受けて、気持ちが楽になりました。

施術に関しては、痛かったらどうしようと

不安がありましたが、全くそんな事はなく、

気持ちよく受ける事ができました。

最初から最後まで丁寧に対応して下さったので

安心して通う事ができそうです。

 

匿名希望

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

ひまわり接骨院

〒501-1159 岐阜県岐阜市西改田川向87−1

058-234-3323

http://honepro.com/kata/

 

妊娠中の腰の痛みが和らぎました。

投稿日|2018.7.5

 

患者

岐阜市|20代|女性

平成29年10月来院

症状

妊娠後、恥骨と腰が痛い。

歩く時、階段の上り下り、朝起き上がる時が特に辛い。

施術

妊娠することにより、赤ちゃんを産むために骨盤が開いたり、

緩んだりして不安定になってきます。

そこにどんどん成長する赤ちゃんの体重が

負担としてかかってきますので、それが腰痛の原因だと思われます。

負担を減らす為に、腰回りの筋肉を緩め、

お腹に負担がかからないように妊婦用の整体を施術しました。

2、3回の施術で痛みはとれ、初回を含め6回の施術で卒業されました。

患者さんの声

私は妊娠してお腹が大きくなるにつれ、

恥骨や腰が痛くて歩く時や階段の上り下り、

朝起き上がる時などがすごく苦痛でした。

このひまわり接骨院さんは、

以前腰痛でお世話になっており、

今回も通おうか考えていました。

ただ、妊婦なのに、

整体に通って大丈夫なのだろうかと心配で、

ひまわりさんに一度相談をし、

大丈夫とのことでしたので、

通ってみることにしました。

施術中も痛くなく無痛で、

やさしく丁寧にして頂き、

痛かった恥骨や腰も和らいできました。

出産後も産後の骨盤矯正などで

通っていきたいと思います。

ひまわりさんには感謝しています。

ありがとうございます!

 

匿名希望

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

ひまわり接骨院

〒501-1159 岐阜県岐阜市西改田川向87−1

058-234-3323

http://honepro.com/ninpuyoutu/

毎日笑顔でいられる日が近い気がします。

投稿日|2018.6.30

 

患者

加茂郡|60代|女性

平成30年6月来院

症状

肩が痛い(神経からくるような感じ)

肩が重く何かが乗っかった感じがする。

施術

姿勢の検査を行うと、少し猫背気味で肩の筋肉が引っ張られていて、

常に負担がかかっている状態です。

このままだと、部分的にマッサージなどしてもすぐに戻ってしまいますので、

根本的に改善する為に姿勢矯正の整体を施術しました。

数回の施術で、負担は減っていきましたので、

良い状態が維持できるように引き続き施術を行っていきます。

患者さんの声

初めての大きな交通事故から数年間、

痛みに悩まされてきました。       

あちこちの総合病院や整形外科、

接骨院、整体院とお世話になり、

それなりに良くはなってきてますが、

とうてい納得できる段階まで

回復しているわけではありません。

でも、今日は初めて「ひまわり接骨院」

の施術を受け、希望が見えてきました!!

「痛みの根本から治す」その言葉は

施術から証明してくれるような気がします。

遠方から通院する事になりますが、

それも何のその!!です。

楽しんで通えそうです。

毎日笑顔でいられる日が近い気がします。

よろしくお願いします。

 

匿名希望

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

ひまわり接骨院

〒501-1159 岐阜県岐阜市西改田川向87−1

058-234-3323

http://honepro.com/kata/

1 2 3 4 5 6 7 8 9

お問い合わせはこちら!

ひまわり接骨院。058-234-3323。ホームページを見た!と言ってご連絡ください!

ひまわり接骨院略図

ひまわり接骨院の院内をご覧いただけます!

TOPへ戻る